読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眩しさの向こう側に

濵田崇裕くんとジャニーズWESTとわたし

半年間

ジャニーズWESTを、そして濵田くんを好きになって半年が経ちます。2016年7月、知らないことばかりだった私は毎日YouTubeでラジオを聞いて、少クラを見て、「ジャニーズWEST おもしろ集」みたいな動画を貪り食っていました。

 

私がジャニーズWESTに興味を持つようになった理由の1つに担降りがあります。元担の熱愛発覚に自分でも引くほど落ち込み、怒り、寂しくなり、心の拠り所を求めていた私の前にあの7人が現れました。好きな女子が弱ってるところにつけ込むあたり、さすがリア充爆モテ集団って感じですね…(は?)

 

ももちろん、私が濵田くんを追いかけよう、応援しようと思ったのは、寂しさを満たしてくれたからというだけではありません。それはまた別の話なので省略しますね。

 

去年のクリスマス、11時00分、私は京セラドームに立つ7人を見ました。初めてではありませんでした。去年の6月18日も、私は京セラドームにいる7人を見ていました。(ここで元担グルがバレる)(元担もバレる)その時の私はバリバリの自担ロックオン派だったので、わちゃわちゃしてるな〜くらいにしか思っていなかったのに次の月にはどっぷりハマりこみ、家族以外と過ごす初めてのクリスマスを捧げ(喪女)、京セラドームの真ん中でキラッキラに輝く姿に蕩け、騒ぎ、おかげで生理が遅れました。デキてたら崇裕は堕ろすお金くれたのかな…😞

 

 

 

ごめんなさい。それで、私、24魂を十二分に楽しんだんですが、なんだかちょっとだけ申し訳ない気持ちになってしまったんですね。6、7年ほどジャニヲタをやっていますが現場は全てドームでした。色々な過去を積み重ね、デビューして3年ほどでドーム公演をすることの凄さとか、メンバーがめちゃめちゃに喜んでることとかは分かっていたし私自身嬉しかったです。ジャニーズWEST凄い!と思いました。でも京セラドームへ向かう道のり、席に座った時の景色、それは私にとって当たり前のもので、むしろその景色しか知りません。所謂担降り新規と呼ばれる私が、ジュニアの時の知識も十分にない私が、濵田くんがあの場所に立つまでの過程を、濵田くんが頑張ってきた十数年間を見てこなかった私が、あの場所にいて良かったのかと思いました。

 

 

 

結論から言うと私は、いて良かったんだと思っています。濵田くんは24魂の挨拶で「楽しかった」という言葉を何度も何度も口にしました。「団扇持って、ペンライト持ったらあとは好きに楽しんでください」というようなことを言ってくれました。楽しかった、めっちゃ楽しかったです。初めて踊ったパラパラも、初めて叫んだええじゃないかも、全部全部最高に楽しかったです。そして最後の挨拶の時メンカラに染まる京セラドームを私はずっと忘れません。長いような短いようなジャニヲタ人生の中で一番綺麗な景色でした。あれが、ファン1人1人の手で作り出されたものだと思うと、凄く暖かくて、毛布みたいで、幸せな気持ちになりました。高速バスに乗って家に帰ってからというもの私の冬休みは元日以外バイト漬けだったんですが、グッズのブランケットがふわっふわで、「うわあ。あの日の京セラドームみたいだ」と完全に脳内お花畑人間になりました。明日も頑張ろうって思えました。

 

いてよかったのかなんて、そんなの失礼ですよね。何馬鹿なことほざいてるんだ。あのコンサートは、新規だろうとなんだろうと、たとえ他のグループのファンだろうと、あの場にいた全ての人を楽しませようと7人が一生懸命作ってくれたものだということを、初めから分かっていたはずなのに。

 

もっと早く知りたかった、もっと早くファンになりたかったという私の欲が、わがままが、変なことを考えさせてしまっていたんですね、そうですね。私はジャニーズWEST7人みんな好きです。7人でいる時の濵田くんが1番好きです。そんな好きな人達がやりたいこと、目指していることを応援したいです。私がジャニーズWESTを好きになって半年、たったの半年だけど、ドラマが立て続けに決まったりドーム公演が決まったり、映画、舞台、新レギュラー番組、WESTくんたちが大きくなっていっていることをびしばし感じています。きっと、これからもっと色んなことが起きて、楽しませてくれるんだろうなと思いました。ジャニーズWESTはこれからだと思いました。昔を見たかったと引きずるのは今キラキライケイケガンガンな7人に失礼だ。「今までで1番」をたくさん与えてくれる7人の今を、しっかり目に焼き付けよう。

 

終わりです。自己完結!どこかに書いておきたかっただけ!

 

というか福井男湯事件の治療です。Twitterのbio欄にも書いている「ミルクの白に茶色が負けている」という文。大好きな椎名林檎さんの作った「カプチーノ」という曲の歌詞です。私はこの文のミルクをアイドルとしての濵田くん、茶色をそれ以外の濵田くんだと思ってbio欄に載せました。嘘かもしれないけど本当かもしれない仕事をしていない時の濵田くんの姿、それがどんな姿であろうと私はアイドルとしてキラキラの笑顔で歌って踊ってみんなを笑わせてくれる濵田くんが好き。重たいヲタクなので一通り落ち込みましたが、濵田くんへの好きは1mmも欠けてないしつまり私は濵田くんが笑ってればそれでいいんだなあと思いました。

 

3月、私の初めての(2公演だけの)アリーナツアーが始まります。また7人を見れるのがとても楽しみです♡